どうして、道交法改正でラウンドアバウトの決まりが整備されたのか?

raundabauto
連日生活を送っていると、ふと疑問視することがないだろうか?

そんな不思議に思うことのなかからクルマ界に関わる事象をチョイスし、その謎を解明していくのがこのシリーズ。  

今回のテーマは、「どうして、今回の道交法改正にラウンドアバウ卜の決まりが整備されたのか」です。 

環状交差点(ラウンドアバウト)に関する新たなルール

2014年9月1日からの道交法改正では、環状交差点(ラウンドアバウト)に関する新たなルールを定めましたよという点。

本題に入る前に、わかりやすくどのようなルールが準備されたかを見ていこう。

この度の改正でラウンドアバウ卜について、「環状交差点における他の車両等との関係等」と いうことで定められたのは、いくつかある。  

このなかで特に、今までの交通方法に大きな変化を与えるのがふたつ。

まずは、① 肝となるのは、「環状交差点内を通行する車両等の進行妨害をしてはいけません」というところ。

これは、つまり 「ラウンドアバウトの交差点で は、交差点内の車両が優先」であることを意味している。

これが何を示しているのか?

つまり、左方向から進行してくる車両の進行を妨害してはならないと定められずいるのだ。

そうなったらどうなるか? 

ラウンドアバウトにおいても、この「左方優先」の原則が適用され、ラウンドアバウト内を走行する車両ではなく、進入する側の車両が優先となるということ。

これによって、ラウンドアバウト内には、必要以上に通行する車両が多く、滞留してしまう。

すると、通常の十字交差点に比べ、信号待ちや加減速の時間が抑えられるという利点が減ってしまうのだ。 

そういうわけで、前述のように「ラウンドアバウトの交差点の場合、交差点内の車両が優先」と取り決めることで、この問題を解消し、ラウンドアバウト本来の特性を生かせるように定められたのだ。  

もうひとつ。現状では、進入車両を一時停止させていた場合も多かったのだが、ここに進入車両  の徐行義務を表記したことによって、進入車両もラクにラウンド アバウト内に入っていけるようになった。

アメリカのケースは2000年拡連邦レベルのガイドラインがFHwA(連邦道路管理局米国連邦運輸省)によって発行されている。

この様にして制度設計が整った甲斐もあってか、10年あまりの間に10倍もの設置数増に至った。 

だったら、わが国ではどうなのか? 

国内では、この調査研究がまさに進行してきた段階とあって、たくさんのデータはないが、現状の設置件数は138件。エリアによっても導入にバラツキがあるものの、近畿が48箇所とトップ。

次に関東が22箇所だ。

ただし、どちらのエリアでも、6割超える割合が住宅地にセッティングされたラウンドアバウトである。 

であれば、リアルにラウンドアバウトを設置した自治体では、今回の道交法改正で何か変化は生じているのだろうか?

軽井沢の六本辻交差点では、12年11月より、ラウンドアバウトのお試し運用を実施して、13年度中の本格導入を目指し、整備を急いでいたが、2014年の5月に完成し、本格導入となった。

さらに道交法の改正に合わせ、標識の設置等見直しを加えるそうだ。 

いっぽう同県須坂市では、12 年4月から導入を検討しでいた野辺町のラウンドアバウト交差点が9月1日、道交法の改正に合わせ、導入開始となる。

「標識はどうするか?など警察にご指導いただき、導入の準備を進めて参りました。担当する道路河川課担当者は話す。

さらに.飯田市のラウンドアバウトの場合でも、道交法改正に合わせ、進入車両の一時停止をなくすなど改良が施される感じだ。

どうして、このタイミングなのか?

それでは、本題。どうして、このタイミングでラウンドアバウトのルール作りが道交法にわざわざ盛り込まれたのであろうか?

国交省道路局の担当者は、「ラウンドアバウトは、欧米で効果 が実証され、日本の大学でも研究されています。また、ここ数年、実際に導入した交差点も見られるようになってきました。

そのなかで、ルールを定めるべきでは?という声が。

いっぽうで所管を行なう警察庁では、この度の道交法改正の試案について広べ意見を募り、ラウンドアバウトに対する見解を2013年3月発表。

その要点をまとめると ①ラウンドアバウトは、条件が整えば安全面、スムーズの面などで有効性が高い 

②今回の改正は、ラウンドアバウトを導入する上での課題の解決を助けるものである というもの。

まとめ

従来の道交法では、「左方優先」の原則があり、これが取組みを妨げていた。ラウンドアバウトの研究や導入が進化してきた今、その導入推進のため、今回、法改正が行われるというワケなのである。