エゾシカの革を使ったドライビングシューズはなぜ柔らかくて軽い?!

kutu
あなたはクルマを運転する時にいったいどんなシューズを履いているだろうか?

スニーカーに革靴、少数派のなかにはブーツなどという人もいるかもしれない。

とはいえ、そのなかにあって、クルマを運転するのならばやはりドライビングシューズが最適だといえることでしょう。

ドライビングシューズの魅力と特徴

なぜならばドライビングシューズは靴底がゴムだったり、レザーにゴムが埋め込まれていたりするため、運転中でも靴底が滑らずにすむから。

ソールにゴムをつけることで運転中にアクセルペダルやブレーキペダルを踏む際、足がより安定するように作られているうえ、カカトにも滑り止めのゴムを採用してペダルを踏むことによるカカトの擦り減りを防止してくれる。

実に運転するためのマストアイテムが、ドライビングシューズだといっても過言ではない。 

そういったドライビングシューズに、一風変わった新商品が登場したので今回はそれを紹介しよう。

それがアパレル大手の三陽商会が紳士靴ブランドで展開している「三陽山長」による、エゾシカの革を使ったドライビーングシューズ。エゾシカの革を使った製品は北海道の一部の土産物店などにしかなく、同社のような展開は珍しいそうだ。

このドライビングシューズ、同社が森林保全団体の「more trees」とコラボレーションして開発したもので、’14 年3月末から販売開始計画。同社ではディアスキン(鹿革)の柔軟性や伸縮性に目をつけ、ドライビングシューズ3種類を製作した。

アッパーにエゾシカの夏毛を使用したローファーにタッセルローファーなど3種類のシューズをラインアップし、ソールはアウトドアシューズなどでも定評のあるイタリアのビブラム社製となる。

制作時の予定価格は各3万7名00円だという。 

夏毛を使用したローファーはいかにも「シカの毛をそのまま使いました」感が漂っている珍しい品。

それはいいにしても、なぜエゾシカの革を使ったのだろうか? 

そのあたりのことを三陽商会事業本部マーケティング戦略室の中西摩耶さんに訪問したら、「エゾシカはニホンジカの一種ですが、国の保護政策やオオカミの絶滅などによって近年その数を大幅に増加させているというわけです。

そのためこのため、現在では農作物や山林を荒らす『害獣』になってしまっています。

シカ肉は高級食材として知られ、ディアスキンも柔らかく肌触りのいい高級素材として使用されているのですが、国内での保護方法や流通には限界がありました。日本国内で現在使用されているシカ素材もほとんどが輸入品です。

だから私たちはmore treeと協力し、日本のシカ素材を生かすために今回のドライビングシューズをはじめとするアイテムを開発した次第です」 

なるほど。では実際に製品化されたこのエゾシカ革のドライビングシューズは、どんな特徴があるのか。

 「三陽山長ブランドでは絶えず『いい靴とはなにか、いい素材とはなにか』を問い続けていまして、日本におけるシカの今を知ってもらうために今回のドライビングシューズを製作しました。ディアスキンの特性である柔らかさと軽さが最大の特徴になります」(中西さん)
 
中西さんによると、三陽山長ブランドでは今まで主に欧州産の牛革を使った製品が主力だったらしいが、最近になってその牛革が欧州での生産減を受けて値上げされたのを受けて高品質な国産の革を探していたところ、エゾシカ革の存在を知ったそうだ。

三陽山長では、このドライビングシューズ以外にもエゾシカの革を使ったトートバッグやスエードのアイテムも販売を予定しているというから、大いに本気で同社が取り組んでいく姿勢が伝わってくる。 

「今回の1シーズンだけでなく、できれば今後も継続的に展開していきたいと思っています」(中西さん)

エゾシカとは!?

北海道に生息するニホンジカの亜種で頭胴長140~180㎝ 『尾長約13㎝の日本最大級の大きさとなるニホンジカ。

近年になって個体数が急増し、’10年現在で北海道全域での生息数回約65万頭と公表されている。
 
その増加に伴い、深刻になってきているのが農林業被害と交通事故。最も食害はトウモロコシや小麦、馬鈴薯などで確認されており、その損害額は釧路や日高で10億円以上とされている。
 

これ以外にエゾシカにはこんな製品も!!

欧米では狩猟によって捕獲包れた野生生物の肉はジビエとして珍重される。

特にシカ肉はベニソンと呼ばれ、高級食材として扱われている。エゾシカ肉は欧米のシカ肉に勝るとも劣らない品質という評価だそうだ。
 
それを聞いた北海道では「エゾシカ活用製品販路開拓促進事業」により、2種類のエゾシカ製品カタログを作成している。そのひとつが「エゾシカは北海道の天然素材」で、加工食品など31社129種のエゾシカ製品が掲載されている。

もうひとつのカタログが「大切な愛犬のためのエゾシカ肉ペット フード」で、こちらは15社103種類のエゾシカ肉を使ったペットフードが掲載ということだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website